FXのリスクコントロール

FXでは常に変動する為替を考慮しながら、利益が出る様な、あるいは損失を最小限にくい止められるような取引を行うことが不可欠となります。一方で取引方法や生活習慣によっては、四六時中ずっと相場を確認しながら生活することが困難なケースも考えられます。そうした場合に不可欠な方法として、リスクコントロールと呼ばれる、危険性を最小限に抑える方法の存在が挙げられています。そもそもFXでは、口座に納めた証拠金の金額を基に、その金額にレバレッジをかけたり、レバレッジをかけずとも取引可能な通貨ペアを選んだりすることで取引が行われます。ただし為替変動によって、逆の相場変動によって受けた損失がレバレッジ効果により倍増する、あるいは通貨ペアの取引継続が困難となるケースもあります。こうした場合のリスクコントロール方法として、マージンコールとロスカットが主に挙げられています。マージンコールとは、保有した通貨ペアによるポジション、つまり取引状況が、損失によって維持できなくなりそうな時に、口座がある業者から追加の証拠金入金の必要性が伝えられる連絡のことを指します。一方ロスカットは証拠金の大半にあたる損失となりそうな状況となった場合に、強制的に取引を終了させて損失を確定させ、それ以上の損失を増やさない対応のことを指します。大半の業者はこれらの方法を行っているとされていますが、事前に確認しておくとより安全とされます。ただし取引方法によっては、急激な損失拡大により一気にロスカットが起きる場合もあるため、注意が必要とされています。

■FXサイト情報
バイナリーオプション・FX口座比較|FX初心者でも安心!:FXプロトレーダーである岡安氏のブログ。
FX口座比較の決定版!FX初心者トレーダー|スプレッド比較・スワップ比較:FX口座を選ぶならこのFX比較サイトです。